代表的なインフルエンザ治療薬のタミフル

インフルエンザは例年冬に流行する感染症です。
インフルエンザに感染した時にはノイラミニダーゼ阻害薬という種類の薬が主に使用されます。
ノイラミニダーゼ阻害薬には、吸入タイプのイナビルや点滴タイプのラピアクタがありますが、最も代表的な薬は内服タイプのタミフルです。

タミフルの有効成分はオセルタミビルというものです。
オセルタミビルはインフルエンザの表面に存在するノイラミニダーゼという酵素の働きを阻害することで効果を示します。

インフルエンザは自ら単独の力で増殖することができません。
インフルエンザは人間の生きた細胞の中に侵入し、その細胞の機能を借りることで増殖します。
増殖後にはその細胞を抜け出し、新たな細胞に感染して再び増殖します。
この細胞を抜け出す過程を脱殻といいますが、この脱殻を行う上で必須の酵素がノイラミニダーゼです。
つまり、ノイラミニダーゼの働き無くしてはインフルエンザは増殖し、感染を拡大していくことができないのです。

タミフルの有効成分オセルタミビルはノイラミニダーゼの機能を阻害するため、結果としてタミフルによってインフルエンザが増殖、感染拡大が阻止されるのです。
この効果によってインフルエンザの罹患期間を短縮することができるのです。

タミフルは比較的副作用が起こりにくいタイプの薬です。
そんな中で敢えて起こりやすい副作用を挙げるとすれば、下痢、吐き気、腹痛など消化器系の副作用です。
タミフル服用中にこういった症状が現れた場合にはタミフルの副作用の可能性があるので医師に相談しましょう。

また、タミフルとの因果関係は解明されていないものの、タミフルを服用中には高所からの飛び降りなどが起こったという報告がいくつかあります。
こういった事例は特に解熱していない時に起こりやすいので、タミフルを服用中の解熱していない方からは目を離さないようにしましょう。
特に10代の方でこういった事例が起こりやすいので10代の方には原則タミフルが使用できないようになっています。

タミフルの正しい服用方法とは?

タミフルの正しい服用方法について紹介します。
まず、タミフルの服用方法は1日2回5日間連続して服用するように規定されています。
特に食事の前後のタイミングなど具体的な規定はありません。
ただ、1日2回服用するタイプの薬であるため、12時間程度を目安に間隔を空けて服用していくようにしましょう。

タミフルはインフルエンザの症状が現れてからなるべく早めに服用した方が効果が得られやすい薬です。
ですから、1回目の服用は薬をもらってからすぐに服用するようにしましょう。
具体的には症状が出始めてから48時間以内に服用を開始する必要があります。
これにはインフルエンザの増殖スピードが関係しています。

インフルエンザは症状が現れてから48時間ほどで個体数がピークに達します。
それ以降は増殖していくことはないため、症状が出始めてから48時間以降にタミフルを使用してインフルエンザの増殖を抑制しようとしてもあまり治療効果は得られないのです。
ですから、症状が出始めてから48時間以内にタミフルを服用し始める必要があるのです。

また、インフルエンザの症状がピークを過ぎて解熱したとしてもタミフルは必ず5日間服用し続ける必要があります。
これはタミフルに対して耐性を持つインフルエンザが出現しないようにするためです。
解熱したタイミングでも体内にはインフルエンザがまだ残っている可能性があり、その残ったインフルエンザがタミフルのことを学習し、それが効きにくくなるように変異してしまうことがあります。
実際に長年のタミフルの使用によって耐性を持つインフルエンザが出現していることが報告されています。
これ以上の耐性化を防ぐためにも必ず5日間飲み続けるようにしましょう。
インフルエンザに感染した場合には48時間以内に服用を開始しなければならないと記載しましたが、実際には予定が合わず病院に行けなかったという方もいるでしょう。
そのような状況を防ぐためにもタミフルを通販でお得に購入するのが便利です。タミフルを通販で予め購入しておき、インフルエンザらしい症状が出た場合にすぐ服用を行えば、症状の悪化を抑えられることもあります。

関連ページ