インフルエンザ検査陰性でもその後陽性になる?

高熱や関節の痛み、異常なだるさなどの症状がある場合は、インフルエンザの可能性があります。
特に、関節や体の痛みがあって、熱が急激に上昇する場合には、インフルエンザであることが多く、病院に行くことが大切です。
インフルエンザであるかを知るためには、病院に行って検査を受ける必要があります。
インフルエンザの検査をするときには、鼻の中に長い綿棒のようなものを入れて粘膜を採取し、検査を行います。
具合が悪くて病院に行って、検査をしたときの結果は陰性で、風邪ですと言われたのに、次の日に熱がどんどん上昇して再びに病院に入って同じ検査をすると陽性に変化していて、インフルエンザであることが分かるということは、実はよくあります。

鼻の粘膜には、たくさんのインフルエンザウィルスが繁殖していることが多いので、比較的感度がよいと言われていますが、ウィルスの数がまだ少ない初期の段階では、実際にはかかっているのに検出することができなくて陰性になる場合があります。
ある程度の数まで増殖すると陽性と判断できるようになるため、症状が出始めてから12時間以上経過してから検査することで、正確に判断することができる確率が高まると言われています。

インフルエンザの潜伏期間は、数日で比較的発症するまでの期間が短く、発症してからの症状の変化も早いという特徴があります。
悪寒や関節痛があり、熱が出始めると、インフルエンザが重症化したり、仕事に差し障りがあったりするために、すぐに病院に行って検査を受けたくなりますが、タイミングが早すぎると検査をしても陰性という結果になってしまい、2回目の検査をしなければわからないということになります。
病院にすぐに行くことはよいことですが、調子が悪いときに何度も病院に行くことになるのはとても大変なので、発症したと思ったら検査を受けることを伝えて仕事や学校を休んでから、正しいタイミングで検査を受けるようにしましょう。

インフルエンザの検査は症状が進行してから行なう

急な悪寒や関節痛に気づき、熱が出てくると、インフルエンザかもしれないと思ってすぐに病院に行っても、発症から12時間以上経過していない場合は、陰性という結果になることが多く、次の日に再び病院に行くことになってしまいます。
家族や職場の人、友達などがインフルエンザにかかっている場合、潜伏期間があるため、自分が発症するまでには数日かかることが普通で、この期間も、インフルエンザにかかっているかを判断することはできません。

インフルエンザの検査を受けて、治療薬などを投与してもらうためには、陽性と診断されることが必要になるので、インフルエンザの検査は、発症から12時間以上経過し、熱が38度以上になるなど、症状が進行してから行うのが正しい方法です。
インフルエンザの症状が出始めてから12時間以上経過するころには、体内のウィルスが検査で陽性と判断できる程度に増殖していることが多いので、12時間以上が一つの目安になります。

インフルエンザ治療薬等の投与を受けたい場合には、発症後48時間以内に投与することが必要なので、症状が進行するのを待ちすぎて、48時間以上経過してしまわないように気をつけましょう。
48時間以内と聞くと、ゆっくりな気がしますが、風邪かもしれないと気付いた次の日には病院に行かなければならないということなので、症状が出た次の日に行くとタイミングを逃しにくいと言われています。
12時間以上、48時間以内に病院に行って検査をすることで、陽性と診断される確率が高く、2回目の検査を受けずに、治療薬を投与してもらうことができる場合が多いので覚えておき、正しいタイミングで検査を受けることをおすすめします。

関連ページ